2012年5月3日木曜日

Nドライブを使ってみたが……

無料で30GBほどデータを置くことのできる「Nドライブ」を試してみました。

ブラウザで利用するのは使い勝手がよろしくないので、Nドライブエクスプローラーをインストール。

入れておけば、Windowsのエクスプローラーから外付けドライブのように扱えるというもの。

これがまたクセ者で、ドライブNが存在している環境だと、毎回毎回ドライブレター割り当てを問い合わせてくるという不便さ。

うちはNは使っているから、Windowsにログインするたびに表示されて正直うざいです。

なぜ設定を保存するようになっていないんだろうか?

すでにドライブNに割り当てがある環境の人は、次回起動時にもドライブNが存在するのは容易に想像できると思うんだけどねぇ。

これは改善してくれないと使うのが厳しいなぁ……。

 

まあ、ドライブ名の問い合わせ以前の問題で、使い勝手のほうがまた微妙な感じ。

試しに1.77GBほどの画像データをNドライブにコピーしてみたところ絶望的な遅さに唖然としました。

いや、そこそこ早いときもあるみたいなんですけど、こんな表示を見たら目眩がするんじゃないでしょうか?

Dropboxみたいに帯域設定がないから、常に遅い転送しかできないっぽいですねぇ。

30GBという容量は魅力があるけれど、さすがにこれでは用途が限られます。

一気に転送しない&ファイルサイズが大きくないものの保管場所に使うという感じかなぁ。