2013年4月19日金曜日

強引にmixiアプリをインストールしてみたという話

Xperia Tablet Zはなぜかmixiがアプリのインストール許可端末に含めていないので、Google Playからインストールすることができません。

 スマートフォンだとXperia Z、Xperia GX、Xperia acro HDでmixiアプリは使っているし、タブレットはNexus7でも問題なく動いているわけです。

しかもXperia Tablet ZはXperia Zとスペック的にも近く、動かないわけがないと思うんだよね。


mixiに問い合わせてみたところ、以下のような回答が返ってきました。

お問い合わせの件ですが、タブレット端末につきましては、現在のところmixiの推奨環境に含まれておりません。お困りのところお力添えができず大変申し訳ございませんが、ご理解くださいますようお願いいたします。

まったくもってすばらしい。

別にmixiがなくてもTwitterやGoogle+があるし、SNS中毒者でもないから不便なら使わなくなるだけで困ったりしないんだけどさ(笑)。

mixiはユーザーファーストを掲げてユーザー目線での開発を目指すんじゃなかったのだろうか。

タブレットユーザーを拒む(?)とか意味不明ですよね。

間口を広げる努力を怠っているっぽいから、mixiの株主は怒っていいんじゃないでしょうか。

 

さて、実際にXperia Tablet Zでmixiアプリは動かないのか?

これは検証してみるのが面白そうだということで、Xperia Zで「アプリ自動バックアップ」を使ってmixiアプリのapkファイルを保存。

保存したapkファイルをXperia Tablet Zへ移して、設定のセキュリティで提供元不明のアプリのインストールに許可を与えてインストールを実行しました。

無事インストール完了して、Playストアアプリからインストール状態を確認してみたのが上の画面です。

インストール済みだけど未対応表示という愉快なものになっています。

強引にインストールしたmixiアプリを実行してみたけれど、何も問題はなく普通に動いているんですよね。

やっぱり、アプリはXperia Tablet Zに対応しているのにインストール許可端末に入れていないからGoogle Playからだとはじかれているだけというものでした。

アップデートがあるごとにXperia Zからapkファイルを持ってきてインストールなんて面倒だから、さっさと対応端末に含めてくれればいいのにな……。

ちなみに、愉快な状態の画面で予想がついたと思いますが、apkファイルで強引にインストールしてもGoogle Playのほうにはインストールされているアプリ一覧に登録されます。