2013年5月3日金曜日

秩父へ 浦山ダム編

ダム湖が好きっぽい自分的には、秩父での最大の目的地といえるかもしれなかったのが浦山ダムです。

1998年に完成したばかりで割と新しめのダムだったりします。

雲行きがあやしくて天候を気にして、行くかどうかかなり悩んだんですよね。

羊山公園と秩父公園橋で疲れちゃってたというのもあったから。

でも、悩んだ末に行ってしまいました!

西武秩父駅からタクシーで。

秩父鉄道で最寄り駅まで行って歩こうかとも思ったんだけど、時間待ち間に天候が崩れて雨になったら嫌だなって、タクシーを使っちゃったですよ。

ダムですからね、上り坂が厳しそうだという予想もあったんで、行きは予算面で妥協やむなしと判断したわけです。

タクシーを利用したのなんて10年ぶりぐらいなんじゃないだろうか。

行先は「浦山ダム資料館うららぴあ」でお願いしました。

「うららぴあ?」って聞き返されたので、行ったことはあるけど施設名を知らなかったのだと思われます。

自分もGoogleマップでの情報しか知らないので、たぶんこんなところみたいな応答しかできませんでした(爆)。

ちゃんと正しく到着できたので、タクシーの運転手さんが正式な名称を知らなかっただけぽいってお話です。

ってか、今思うと、Googleマップナビを車でのナビ結果で表示したXperia Zを見せればよかったんじゃないかという気がする。

ちなみに西武秩父駅から1970円でした。

2000円以下であってほしいと思っていたので、ギリギリ範囲内(笑)。

予測と実費がほぼ一致していたあたり、自分のセンサーは優秀だったな(違)。

 

これが浦山ダムの端にあった目的地うららぴあ。

自分が行った時には誰もいませんでした(笑)。

お約束のダム建設に至った経緯と効用が展示されている施設。

それは予想内でしたが、効果範囲のエリアが思っていたよりもかなり広いことに驚いたかな。

ちなみにこちらは管理施設です。

屋上にある機器がなんか秘密基地っぽくていいですね(笑)。

ここの1Fから連絡をすればダムカードがもらえます。

おまけ的な余計な業務に対応してもらうのは申し訳ないなと思いつつ、せっかく来たんだから記念にってもらっちゃいました。

同じ埼玉県なんだから、このあたりはきっと県民税で負担しているんだからいいよね。

 

うららぴあ2Fから撮影してみたのがこれ。

ダム堤の幅がかなり広くて安心感がある印象でした。

高低差130mぐらいってかなりのものだと実感。

模型と水資源の供給先のマップが展示されていて、かなり広範囲に貢献しているダムなんだろいうことを実感させられました。

模型のある部屋から先が明かりがほとんどついていなくて不安がる人が多そうかな。

自分も暗闇に近くて「なにこれ?」って感じで誰もいない過疎展示スペースなのかよって思ってましたが、自分が展示を眺めていたらあとから来た人が自分を見て「人がいた~~」って驚いていました(爆)。

まあ、そのあたりはともかく、自分は秩父にあるほかのダムも見てみたくなったんだけど、今回は時間的にここだけで断念です。

 

いつ雨が降ってもおかしくなさそうな雲にドキドキさせられつつ見学です。

ダムの下流のほうはこんな感じです。

ダムの管理事務所も多少ダム湖のほうへはみ出し気味?

願い事を叶える石鎚なんてのがありました。

健康祈願をしておいたです。

やっぱり湖はイイネぇ。

雲行きがあやしいけど(苦笑)。

利用料無料のエレベーターで地下へ降りてみると、浦山ダムができるまでの展示があって興味深いです。

ダムの地下までエレベーターで降りられるわけですが、展示を見ながら登っていくとダム下側の地上へたどりつきます。

そこで見ることのできるのが、「これは罰ゲームじゃね?」っていう恐怖の階段なり。

高低差125mぐらいの階段ですよ。

挑戦者求む的な掲示もあります。

……どう見ても罰ゲームにしか思えません(笑)。

自分は最初から「無理」って諦めましたが、あとから来た親子(?)もこの階段を見て「これはチャレンジできないじゃん」っていっていた(笑)。

ちなみに上側からその階段を撮影してみたのでご覧ください。

上から見るのもこえぇ……。

ダムのロゴもありますね。

うららぴあの対岸から撮影してみたものも。

ちなみにダムの案内板はこれです。

前述のダムカードをもらえるのは、お隣の管理所なり。

 

ちなみに、ダムへのバスは1日に4便しかありませんでした。

帰りはバスのつもりだったんだけど、目の前で最終便が行ってしまったので、まあいいかと撮影しながらのんびりと徒歩で西武秩父駅を目指しました。

いや、バスだとわかっていたら走っていって先方も待ってくれたんだろうけど、バスが一見ではそのように見えなかったからね(苦笑)。

のんびりしすぎていた自分も悪いけど、あれがバスだったのか……。

予想の範囲内じゃなかったんだよ。

 

でも、スマートフォンだとナビがあるから安心ですにゃ。

撮影しながらのんびりと徒歩で西武秩父駅へ向かいましたよ。