2013年6月8日土曜日

Androidの新しいGmailアプリ

基本的にAndroid端末でアプリの自動更新は行なっていなかったんだけど、どこかのタイミングでいつの間にかミスったのか自動更新されてしまいました。

使用頻度の高いGmailが……。

頻繁に使うものほど勝手にUIが変わってほしくないから自動更新をオフにしていたはずなんだけど、いつやらかしてしまったのやら?

 

最初に新しいGmailアプリを使って衝撃を受けたのは、メニューを開かないと削除がないということです。

この時点で反射的にXperia Tablet ZはアップデートされたGmailアプリをアンインストールしてしまいました。

Xperia Zは自動更新せずのままだったので問題なしでしたが、Xperia GXも自動更新されていて「あれれ?」と驚き。

おかしいなぁ、Xperia GXも自動では更新しないように設定を戻しておこう……。

 

とりあえず、未インストールだったNexus7にあえて入れてみて、アンインストールする前に、設定をチェックしてみました。

右上のメニューアイコンをタップして設定を選択。

そこにある全般設定を選びます。

アーカイブ/削除操作の項目がアーカイブのみになっていますね。

なんでGoogleはいつも前バージョンとの互換性をあっさり捨ててくるかな~。

今回も機能アイコンを減らしてアップデート……。

UIはそのままのほうがいいという鉄則があるのに、あっさり変えちゃうことをおかしいと思わないのだろうか?

 

アーカイブと削除を表示にすれば、削除アイコンも表示されるようになってこれまでと同様に処理できて面倒な手間は発生しなくなります。